患者様へのインフォメーション

Ihre Gesundheit. Unsere Kompetenz.

Mehr erfahren
患者様へのインフォメーション

Pflege im Universitätsklinikum

Mehr erfahren
患者様へのインフォメーション

Wir bauen an der Zukunft.

mehr erfahren
患者様へのインフォメーション

Betreuung und Beratung

mehr erfahren

Wählen Sie ein Thema für Ihren Schnelleinstieg

患者様へのインフォメーション

患者様へのインフォメーション

当音声医学科・小児聴覚医学科の機能分野では小児から
大人の患者様に外来での診断と治療が提供されています。


ここには特別に小児の聴覚障害診断をするための音響遮音
キャビンが2室設けてあります。


私たちは小児の聴覚検査には主観的・客観的検査方法を全て
取り入れ、あらゆる形の聴覚障害を早期発見し、治療する
ことに専念しています。


小児の聴・知覚障害を識別するために聴覚・言語検査の一連
テスト法を取り入れています。 又、当大学病院内における
新生児聴覚検査は当クリニックの管轄の下に行われています。


その他にも小児から大人の言語発達遅延、障害及び発声
・発音・声帯・嚥下障害の診断にも力を入れています。


私たちは声帯・音声調節手術を受けられる方に必要な集学的
診断に役立つ為に他の専門分野と綿密に協力をしています。


ご両親や大人の患者様には院外で続ける治療師の選択や支援
施設のアドバイスも行っています。


当科では声楽家・俳優・音楽医学と音楽生理学のための
「特別診察窓口」を設けています。


マウスピース機能欠陥やマウスピース筋緊張不全に悩む菅
楽器奏者たちには演奏中に唇の振動をストロボスコープで
検査したり、舌の動きを超音波で分析したり、咽頭・咽喉の
動的な変化を内視鏡で観察・評価し分析することをお勧めし
ています。


ご希望に応じて(マウスピースの機能欠陥の場合)専門
講師・各楽器専門家と一緒に言語的治療オプションのアド
バイスも致しております。

MediathekInformation und Wissen
LageplanSo finden Sie uns